ハチゴー(AE85)とハチロク(AE86)


ここでは、トヨタ86(AE86)に至るまでの歴史と現代の車種についてまとめて行きたいと思います。
トヨタ86ことスプリンター・トレノAE86の歴史は意外に長く、こちらは第4世代の車種です。この形状になるまでいくつもの進化を重ねています。

03306ac38890facf7ed5fe5a83d712d0_s出典:http://www.photo-ac.com/

ハチゴー(AE85)について

・AE85とはAE86の廉価版モデル
・車体はほぼ共通
・エンジンや足回り等がAE86よりも簡素化

漫画『頭文字D』では、主人公の友達の武内樹が搭乗することで有名です。
いつもネタ車扱いされますが、チューニング次第ではAE86(ハチロク)を超える性能を出すことができます。なぜなら、シングルカムエンジンを搭載している為、ハチロクより軽く、重心も低く、テクニカルコースを前提としたハンドリングマシンとして見た場合、潜在能力は決して低くなかったからです。 1
1からチューニングして育てていきたい人には最高の車だと言えます。

ハチロク(AE86)について

AE86の魅力はどんなところだったのでしょうか?

・非常に軽い車体で、モータースポーツでも活躍!
・漫画『頭文字D』の影響
・神業的なテクニックで乗りこなされる、神格化された「ハチロク」 2

ほとんどは漫画『頭文字D』を見て欲しくなった人が多いようです。
また、現行トヨタ86との違いはどんなところでしょうか?

・新しい86(ハチロク)は、低重心で美しい小型スポーツカー!
・加速力も申し分なく、感動的な走りを楽しませてくれる!
・「AE86とは別の車」と言う意見が多い 3

デザインからすべて一新されているため、もはや別物として捉えている人も多いようです。AE86いわゆるパンダトレノの面影はありません。しかも現行のトヨタ86はカラーバリエーションが豊富です。AE86の良いところを継承して現代に蘇ったという表現が似合いそうです。チューンアップし易い手軽な車、それが「ハチロク」なのです。

第4世代 AE85/86型(1983年 – 1987年)

この頃カローラやスプリンターのセダンでは、前輪駆動(FF)に移行して行きましたが、レビン・トレノは、後輪駆動(FR)でした。走りを最優先したスポーツモデルであるためその構成にされました。

AE85:通称「ハチゴー」。AE70型より受け継いだ3A-U型 1.5L SOHCエンジン搭載モデル(AE85型)も「トレノ」の名称を得て、3ドアモデルは「トレノSR」、2ドアモデルは「トレノSE/リセ/XL」として販売されました。
人気は今ひとつであり、マニアの間では改造するベース車として使用されていたようです。

AE86:通称「ハチロク」。4A-GE型1.6L 直4 DOHCエンジンが搭載されています。
アニメ・コミック「頭文字D」の主人公が愛車であったこともあり、人気に火が点いたそうです。一時期中古価格の急騰もりました。また、レーシングドライバー土屋圭市氏が富士フレッシュマンレースで6連勝を果たしたことが業界内ではあまりにも有名です。土屋圭市氏は、ハチロク使いの名手とも呼ばれています。また、レースゲームである「グランツーリスモ」でも登場するくらい人気なのです。 4

グレード別搭載エンジン一覧

AE85型
「GL」:1.5L 3A-U型エンジン
AE86型
「GT」:1.6L 4A-GE型エンジン
5