86中古車の購入で不具合の潜んでいる車を避ける方法

Pocket

86中古車の購入で不具合の潜んでいる車を避ける方法

スポーツカーは、高級車であり、一般人が購入するには、大きな壁があると思います。それでも「86が欲しい」言う方々は、たくさんいます。そんな方には、中古車を購入することをお勧めいたします。
でも、中古車の価格は、魅力的だけど、すぐ壊れたり、急に不具合が起こったりしないかなど、不安に思われるかもしれません。
そこで、今回は中古車を購入するとき、チェックしておくべきポイントを紹介します。

出典:http://www.photo-ac.com/

86中古購入 チェックポイント大公開

確認は超シンプル 3つだけ確認したら良いです

スポーツカー購入の際にに是非チェックして欲しい箇所をまとめました。 1

  • トランスミッション(ギアチェンジを行う変速機)を確認する
     ※初期モデル購入時、特に注意すべきで、見分け方は、エンジンを高回転まで回すとガラガラと音がする 2
  • メーカー保証の継承があるかを販売店に確認する 3
  • 中古車販売店の自社保証があるかを販売店に確認する
     ※どの程度の修理なら全額負担であるか事前に確認すること 4

以上、3つを意識して確認するようにしてください。見るとポイントは、細かく言うとたくさんありますが、まずこの3つを確認してください。

ミッション系の不具合を見極める方法は?

上記で確認した3つのポイントの中でさらに注意して確認しておきたいのが、駆動系の確認です。駆動系の確認は、素人でもわかりやすいのが特徴です。駆動系のトラブルが起こると86が動かなくなるので必ず確認しましょう。高速道路で動かなくなってJAFを呼んだという話がよくあります。

ミッション系の不具合の事例を紹介

  • ACM(アクチュエーターコントロールモジュール)の作動不良
  • クラッチのオイルシールが破損
  • フロントドライブギヤのCリング破損
  • 6速の置き去り

※1. ギアが入らなくなる症状
※2. オイルシールが破損し偶数ギアもしくは奇数ギアが入らなくなる症状
※3. フロントドライブギアにかかるCリングが破損し他の部位にも損傷が出る症状
※4. 6速にギアを入れているのに5速に誤認知してしまう症状 5

知っていれば得する情報

メーカー保証の保証継承

86の中古車を購入する際、「新車保証書」が付いていることがあります。
新車保証書は保証期間内であれば、車両のオーナーが変更された場合でも保証書の名義変更をすることで継承が可能になります。新車保証の継承での点検整備が必須ですので注意しましょう。
6

中古車販売店の保証 そのメリットとは?

初期型の86は新車保証が既に切れてるため、その状態で修理を行うと数百万単位の出費がかかります。
そこで、販売店の保証があるかないかで出費を抑えることが出来ます。折角86の初期費用を安く抑えたのに、修理代や部品代などで出費が嵩んだら意味がありません。そのため販売店の保証の有無が重要になります。