トヨタ86中古車購入における着眼ポイント


トヨタ86が欲しいけど新車購入には抵抗がある。または、資金が厳しいと言う方が多いと聞きます。そんな方には、中古車購入という方法もあります。しかし、中古車はお手軽な価格だけどいろいろ不安なことも多いでしょう。そこで、今回は中古車購入にあたってのいくつかチェックポイントをご紹介いたします。

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s出典 http://www.photo-ac.com/

トヨタ86中古車選定の注意点

まずはココを見て!

中古車選定時に気を付けてみたほうが良いところとして、テールランプが挙げられます。これは初期モデルだけだそうですが、テールランプに水が入っている 1 ことがまれにあるそうです。洗車や雨などが入り込むようです。水漏れ対策として、ガスケット・取り付けナットの形状変更がされてるようです。しかし改善されてないこともあるみたいです。なので、販売員や整備士の方に確認するほうが良いでしょう。

ここからはパーツ単位で着眼ポイントをまとめましたので購入の際の参考にして下さい。

エンジンの状態

エンジンをかけてみて下記のポイントを確認して見て下さい。

「スムーズに始動しない」
「アイドリングの回転が不安定」
「異音」
「大きすぎる振動」
「白煙や黒煙の排気ガスの排出が見られる」

これらいずれかに該当するとエンジンに何かしらのトラブルを抱えている可能性があるので必ず販売店に聞いてみましょう。

整備の状態

消耗部品を中心にエンジンとその周辺を確認して下さい。『専門家ではないので見てもわからないよ』とか『どれがそうなのかさっぱり』という方には、整備記録をチェックして行ったり、詳しい整備内容を販売店に確認することをオススメ致します。

車体の状態

細かくミクロ的に見ていくことも大切ですが、マクロ的にも見ていくこともハズレを引かないコツとして挙げられます。
車両全体を見て、違和感や不自然を感じるところはないか確認しましょう。ポイントは、バンパーの角、下部に損傷はないか、修理した跡などです。疑いながら確認すると効果的です。納車点検整備や保証の有無なども是非確認しておきたいところです。

修復歴

修復歴の確認をすること。修復歴とは、車のフレーム関係に修復跡又は変形が有るか無いかを表示していることを指します。中古車は、修復歴を表示することを義務付られています。

走行距離

ボディや内装、シートなどの傷みがあるのに、走行距離5万キロ以下という車はメーターを巻き戻しているか、メーターをより距離の少ないものに交換し、新たに車検を取り直した可能性があります(メーター巻き戻しは犯罪行為です)。 2

査定は年内がお得

中古車業界において車種には年式というものがあり、つまり車の年齢と思って下さい。これは毎年1月に1歳年を取ります。年式が古くなれば価格が下落しますので売りたいと思っている人は年内に査定してしまうのがベストです。ちなみにどうしても年内で決着が着かなければ、3月がおすすめです。理由は、新生活の準備やディーラーの決算期などのためです。 3